イメージ画像

光コラボ乗り換えは
ここだ!

光コラボ一覧

光コラボ乗り換えって何?

イメージ画像

ネット環境の選択肢のひとつとして、最近よく耳にするようになった「光コラボ乗り換え」。ご存知の方も多いとは思いますが、その反面、気にはなっているけれども、よく分からない…という声も多く耳にします。


そこで、まずは光コラボ乗り換えついて、最初に押さえておきたい基礎知識についてお話してみたいと思います。


◆フレッツ光についておさらいしておきましょう

この光コラボ乗り換えは、NTT東日本/NTT西日本の「フレッツ光回線」が対象になります。利用者数の増加に伴い、すっかり市民権を得た感もありますので、今更の感もありますが、フレッツ光の特徴について簡単におさらいしておきましょう。


フレッツ光の特徴は、何と言ってもその通信速度の速さと安定性。最大通信速度は1Gbpsですので、毎秒10億ビット(1ギガビット)ものデータを伝送することが可能です。


1億ビットと言われても、今ひとつピンときませんよね?ADSLで最も速い通信速度が50Mbpsですので、ADSLと比べると「フレッツ光回線」は約20倍速いことになります。


ここでひとつ注意しておいていただきたいのは、最大通信速度はあくまでも理論値ということです。使用環境によって、通信速度が異なって来ます。


参考にしたサイト⇒プロバイダーを変える


◆光コラボ(光コラボレーション)とは?

次に、「光コラボ」とはどんなサービスなのか見てみることにしましょう。


これまではネットを利用するときには、NTT東日本・NTT西日本のような「回線業者」と、「プロバイダ」の2者と契約を結ぶことが必要でした。


「光コラボ」とは、NTT東日本・NTT西日本からインターネット回線の卸提供を受けたプロバイダである「光コラボレーション事業者」が、インターネット回線と割引サービスなど様々な独自のサービスを提供するシステムのことです。


つまり、利用者は「光コラボレーション事業者」1者と契約することで、「フレッツ光回線」の利用とプロバイダ独自のサービスの提供を受けることができるようになります。


◆光コラボへの乗り換え(転用)の特徴

また、光コラボで使われる回線は、「フレッツ光」と同じものになりますので、現在「フレッツ光」の利用者が、光コラボへ乗り換える場合、現在利用している「フレッツ光」の設備を利用することになりますので「転用」と言い、次のような特徴があります。


1.工事やモデム交換不要

2.工事費不要

3.現在利用している「フレッツ光」を転用するため、途中解約の違約金不要

※事務手数料がかかるケース有


つまり、プロバイダ独自の付加サービスや利用料金等を比較して、利用者の希望に合った光コラボレーション事業者に気軽に乗り換えることが可能になったと言えます。


「光コラボ乗り換え」についての基礎知識についてお伝えして来ましたが、多少は参考になりましたでしょうか?もし、「光コラボ乗り換え」を検討されるキッカケや最初の1歩になれたなら幸いです。

光コラボへの申し込み、おおまかな手順は?

イメージ画像

それまでNTTが提供していた光回線をほかの事業者に貸し出し、多くの業者が光回線のサービスも提供できるようになった「光コラボ」。


もともとフレッツ光を利用していた人が光コラボに転用する場合にも違約金等がかからないので、気になるプランがあれば気軽に乗り換えることができます。


今回は、フレッツ光からほかの光コラボ業者へと転用するときにはどんな手続きが必要か、その手順についてご説明したいと思います。


どの光コラボ業者に転用する場合でも、基本的な手続きの流れは同じです。まずはもともと契約していたフレッツ光から転用承認番号というものを受け取る必要があります。これはどの光コラボに新しく申し込む場合にも必ず必要になる番号です。


その後光コラボと契約し、工事が必要な場合にはその予定も含めたもろもろを調整し、それらの手続きがすべて終了すればインターネットが開通する、という流れになっています。


気をつけたいのは、転用先の業者に申し込みをする前に転用承認番号を発行しておかなければいけないことです。転用承認番号は光フレッツの公式サイトで発行することができますが、お客様IDなどを忘れてしまったという人は電話で問い合わせることで発行してもらえます。


光フレッツとのやりとりはここまでで、このあとは転用先の業者との手続きとなります。契約の申し込みを行ったあと初期費用や月額の利用料金、開通予定日、工事をすることになった場合にはその予定や費用についても打ち合わせる必要があります。


契約の申し込み自体はウェブサイト上で行える業者も多いですが、こういった打ち合わせはたいてい電話で行うことが多いです。ソフトバンクやauなどのキャリアに転用する場合には店舗でこういった申し込みや打ち合わせを行うこともできます。


ひとつ注意したいのは、フレッツ光に関しては転用手続きを行うことで自然と契約が解除されますが、それまで利用していたプロバイダーの契約については自動で解約されないこと。


プロバイダーも変えるなら転用するタイミングに合わせて自分で解約手続きが必要となることを忘れないようにしましょう。

1、NTT東日本、NTT西日本へ転用承諾番号の発行を申し込む


2、転用承諾番号を発行してもらう


3、光コラボを申し込む


4、光コラボより「プロバイダーID」「パスワード」などの重要書類が送られてくる


5、端末に「プロバイダーID」、「パスワード」を設定する


6、インターネットへ接続を確認したら完了です。


7、旧プロバイダーを解約する。


8、光コラボ乗り換えが完了です。


「光コラボ乗り換え(転用)」のメリットと注意点

イメージ画像

契約の1本化に割引料金パッケージ、格安SIM等、そのお得感にひかれて、「光コラボ乗り換え」についてよく分からないまま乗り換え契約をしてしまって後悔…。


そんなことのないように「光コラボ乗り換え(転用)」をする際のメリットと注意点について確認しておきましょう。


◆「光コラボ乗り換え(転用)」のメリット

まずは、「光コラボ乗り換え(転用)」のメリットについて見てみることにしましょう。

  • 「光コラボレーション事業者」のプロバイダとの契約のみでOK!
  • 料金の支払い、サポート窓口の1本化
  • 「回線業者」と「プロバイダ」別々に契約するよりも料金が安くなるケースが多い
  • 「フレッツ光」と同じ品質の光回線が使用できる
  • 「光コラボレーション事業者」独自のサービス(格安SIMやスマホとのセット割引、セキュリティ対策等)を受けることが可能
  • 工事・モデム交換が不要
  • 「フレッツ光」を転用するため途中解約の違約金不要

◆「光コラボ乗り換え(転用)」の際の注意点

次に、「光コラボ乗り換え」で転用される際の注意点について確認しておきましょう。

「転用承諾番号」の取得は申込者が行う

「光コラボ乗り換え(転用)」を申込前に、申込者がNTTから「転用承諾番号」を取得する必要があります。


もし、携帯電話やスマホの番号ポータビリティ手続きを行ったことがある方であればイメージされやすいと思います。NTT専用Webページで手続き可能です。


プロバイダの解約金が発生するケースがある

「フレッツ光」のプロバイダと「光コラボ乗り換え(転用)」のプロバイダが違う場合は、プロバイダとの契約内容によっては、解約金が発生してしまう場合があります。


契約更新月であれば、解約金はかかりませんので、現在契約しているプロバイダとの契約内容を確認された上で、乗り換え(転用)のタイミングを決めることをお勧めします。


「光コラボ」から「フレッツ光」に戻せない

「フレッツ光」から「光コラボ」に乗り換え(転用)できるのは、1回限りになります。「光コラボ」から「フレッツ光」に戻したい場合は、「光コラボ」の契約を解約して、新規申込を行う必要があります。


また、「光コラボ」から別の「光コラボ」に乗り換える場合も、一旦契約を解約して、新規申し込みが必要になります。


月額料金が高くなってしまうケースがある

「フレッツ光のマンションタイプ」を利用されている場合は、注意が必要です。実はマンションタイプの場合は、世帯数に応じて料金が設定されています。


そのため世帯数が多いマンションの場合、既に最安値料金が適用されていて、「光コラボ」に乗り換え(転用)した場合、それ以上の割引が適用されなかったり、最安値料金が適用されなかったりするケースもあります。


「光コラボ乗り換え(転用)」を検討される際には、メリットと注意点を十分に理解された上でベストな選択をされてください。

光コラボ乗り換えのデメリットとは

イメージ画像

光コラボへ乗り換えてはみたものの、見えてくるデメリットが気になると思いますよね。そこで、デメリットをまとめてみました。


光コラボ乗り換えのデメリットを知って失敗しない方法を知っておきましょう。


光コラボの乗り換えは困難

NTTフレッツ光を転用してインターネットするのだから、NTTフレッツ光のプロバイダーと同じくプロバイダーのみ乗り換えが可能だろうと思われがちですが、そのような事は出来ません。


光コラボに転用して、更に他社光コラボへ乗り換える場合は、その光コラボは撤去して新たに乗り換え先で光コラボの回線工事が必要となります。


つまり、光コラボに転用してしまうと、他社への乗り換えが困難になるというわけです。


違約金が発生する場合がある

光コラボへ転用して2年ほどは縛り期間となります。その間に、他社へ乗り換えを行うと違約金が発生しお金を支払う事になります。


また、光コラボから光コラボへ乗り換えの際にもキャンペーンで縛り期間が発生するものでも利用すると、違約金が発生する場合があるので注意が必要です。


フレッツ光メンバーズポイントがなくなる

フレッツ光から転用すると今まで貯めていたフレッツ光メンバーズポイントが消滅してなくなってしまいます。なので、もし乗り換えるならそれまでに全てのポイントを商品と交換するなりして使い果たしましょう。


貯めたポイント数によってはかなりの価値があると思いますので、商品や商品券などに交換してもらうのが理想かと思います。


光コラボへのお得な乗り換えは月々の割引額が鍵

イメージ画像

光コラボ業者の光インターネットサービスは、光回線とプロバイダーをそれぞれ別に契約して光インターネットを使う場合とくらべればたいてい月額料金は安くなっています。


ですから、基本的には光コラボ業者へ乗り換えるだけで月々の通信費を節約することができ、お得にインターネットを利用できるわけですね。


ですが、実際に光コラボへ乗り換えるとなると、月額料金以外にもいろいろな費用がかかることがわかります。


開通工事が必要なければ工事費用はただで済みますが、それ以外にも初期の事務手数料や有料オプション料金、これまで契約していたプロバイダーへも契約更新時期の乗り換えでなければ違約金や解約事務手数料が発生します。


このようないろいろなコストを含めた上で確実にお得である、すぐにもとを取れるという光コラボ業者となるとさすがにいくつかに限られてくるはず。


いまやたくさんありすぎてどれかひとつを選ぶのも一苦労といった趣の光コラボレーション業界ですが、実際に乗り換えることでお得に使えるかどうかを比較してみましょう。


光コラボへ乗り換えて得をするためには、月額の基本料金にくわえて毎月適用される割引についても調べておく必要があります。


たとえばOCN光では、毎月の割引が適用される期間が12カ月と決められています。一方で最低利用期間は2年間と決まっているので、残りの1年は割引なしで契約し続けなければいけません。


その点、最低利用期間の定められていないサービスは安心ですよね。たとえばぷらら光、エキサイト光などでは最低利用期間が定められておらず、月額基本料金もかなり安いのでお得に乗り換えることができそうです。


ただし、工事が必要になった場合には数万円の工事費用がしっかりとられてしまうので注意が必要です。


さらに割引を使ってお得に光インターネットを使いたいというときには、自分や家族の持っているスマートフォンとのセット割引に対応している業者を選びましょう。


auなど、自分のキャリアの光回線が使えない場合にもほかの回線を利用した業者でセット割を提供しているところがあるのでぜひチェックしてみてください。

光コラボに乗り換えるときには自分のライフスタイルに合ったプランを選ぼう

イメージ画像

光コラボレーションの強みは、その料金の安さにあると思っていませんか?


もちろん、従来の光回線とプロバイダーの契約やauなどの大手キャリアが提供する光インターネットサービスにくらべ、全体の価格は安めとなっています。


大手のキャリアではスマートフォンと合わせた割引等も行っているのでかんたんにはくらべられませんが、光回線とプロバイダーのサービスのみでスマートフォンとのセット割引に対応していない業者は、基本的に月額の基本料金が安価であることのほうが多いようです。


これは、光コラボレーション事業というビジネスモデルの特徴でもあります。光回線をNTTが各業者に貸し出すことでそれぞれの業者が好きなサービスと組み合わせて好きな料金で商品として提供できるようになったので、光コラボレーション業者ではそれぞれが新規のユーザーを獲得しようといろいろな努力をしています。


その一環が安い料金設定やかんたんな手続き、高額なキャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンだというわけです。


サービスやオプションの内容によって、多くの光コラボレーション業者では契約内容をいろいろなプランに分けています。


この多様で幅広い料金プランのなかから自分や家族のライフスタイルに合ったものを選べるという点も、これまでの光インターネット事業や大手キャリアのプランでは考えられなかったことです。


余分なオプションは一切省いてできるだけ安価にインターネットを利用したいという人もいますし、有料のオプションをつけてでもセキュリティなどに配慮したプロバイダーサービスがいいと考える人もいます。


従来の光インターネット事業と比較すると、消費者側の自由度がかなり向上したのです。また、対応エリアが限定された会社が増えたというのも光コラボがはじまってからの特徴といえそうです。


ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光など、全国展開しているサービスは大手プロバイダー業者をはじめとして数多くあります。ですが、実は評価の高い光コラボ業者のなかには一部地域にのみ対応しているものも多数。


ネームバリューだけで選ぶと損をしてしまうかもしれませんから、光コラボへの乗り換えはしっかり下調べをして比較・検討してからが良さそうです。

光コラボへの乗り換えは料金だけではなく通信速度も安心!

イメージ画像

光コラボ業者へ乗り換えると、料金などは安くなっても通信速度が遅くなるものだと思っていませんか?


光コラボレーションがはじまった当初、実際に乗り換えてみたら通信速度が遅かったという意見が複数見られました。実際に当時は急増した新規ユーザーに業者側の設備が追いつかず、トラブルも少なくはなかったようです。


ですが現在は、光コラボレーション業者のほとんどが安定したサービスを提供できるようになっています。設備も常に増設・補強が繰り返されており、混み合う時間帯には急につながりにくくなるといった現象も起こらなくなりました。


そもそも、auひかりなど一部を除いた光コラボ業者はフレッツ光と同じ光回線を使っています。つまり光回線そのものにこれまでとの差は一切なく、通信速度に対する影響もないということです。


通信速度に差が生まれるのはプロバイダー設備などが原因であり、その部分が改善されつつある今となってはどの光コラボ業者でもフレッツ光とプロバイダーを別々に契約していた頃と比較しても遜色ない通信環境をととのえられるようになったのです。


それどころか、従来の光インターネットよりも通信速度が安定して速いといわれる光コラボ業者もあります。


特に、関東エリア限定ではありますがNURO光の通信速度の速さは有名です。一般的に、光ファイバーを利用した高速インターネットの速さはおよそ1Mbps程度ですが、NURO光なら最速で2Mbpsもの速さで通信することができるのです。


この通信速度の速さの理由は、地域を限定することでユーザーの数を一定数以下に保ち、設備がユーザーに追いつかなくなることを避けられるからだともいわれています。


光コラボでは、通信速度に関してはNURO光のように特定のエリアにのみ対応している業者の評価がたいてい高いので、お住まいの地域に対応している人気の光コラボ業者がないかチェックしてみるのもおすすめです。


光コラボ業者が充実してきた今、通信速度やお得さの比較対象は従来どおりの光インターネットではなくほかの光コラボ業者となっています。自分のライフスタイルに合わせて各社を比較検討し、よりお得に快適な光インターネットを楽しみましょう。

光コラボの料金、これまでよりも安くなる理由は?

イメージ画像

光コラボとは、それまでNTTが独占していた光回線事業をほかの業者もサービス提供できるようにしたビジネスモデルのことを指します。


光回線を貸し出すことで、ほかの業者も独自にサービスを提供できるようになりましたし、NTT側も自社の負担を減らした上でフレッツ光をより広く普及させることができます。


それまでフレッツ光を使っていた人はよりお得に、新規契約する場合にもいろいろなキャッシュバックや特典が受けられるというのが光コラボのメリットとして取り上げられています。


また、多くの業者で光回線とプロバイダーをセットにしたプランを打ち出しているので、それまでばらばらにしなければいけなかったふたつの契約をひとまとめにでき、各種手続きや支払いもよりシンプルにできるというのも評判のようです。


ですが、「フレッツ光と同じ回線を使っているのになぜ料金が安くなるのか」という点が少し気になりますよね。安ければ安いほどいいという人なら問題ありませんが、安くなる理由がわからないと少し不安になるという人もいるはず。そこで、なぜ光コラボの料金は安いのかについてご説明します。


先ほどもご説明したとおり、光コラボはよりフレッツ光を普及・浸透させるためのNTTの企業戦略のひとつです。


フレッツ光と同じ回線を利用しているので通信速度などのクオリティーには差は基本的にはありません。ですが、同じようなクオリティーのサービスを同じような価格で提供していてもユーザーは増えませんよね。


より多くのユーザーを獲得するために、光コラボ先の業者ではそれまであったフレッツ光よりも安い価格を設定するようにしているのです。


光コラボがはじまった当初は、フレッツ光からNTTの子会社であるドコモ光に乗り換えるだけで月額1,000円から2,000円ほど安くなるプランなども用意されていました。


こうした事情にくわえて、市場にサービスを提供する業者が一気に増えたことで競争も激しくなったことも安さの理由となっています。同じ回線を使っているので、どこも料金の安さやプラスアルファのサービス・割引内容で勝負しているのです。


このようにいろいろな要因がからみ合って、光コラボの料金はフレッツ光よりも安くなっているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ