プロバイダ乗り換えのメリットとデメリット

今使っているプロバイダに満足していますか?
速度が遅い、料金が高い等、何か不満があるなら一度プロバイダの乗り換えを考えてみた方が良いかも知れません。

けれども、プロバイダの乗り換えをした後で別の不満が出てくることのないように、プロバイダ乗り換えのメリットとデメリットについて探っておくことにしましょう。

詳しくはこちらフレッツ光プロバイダ

プロバイダ乗り換えのメリット

まずは、プロバイダ乗り換えにはどんなメリットがあるのか、確認しておきましょう。次のようなメリットを上げることが出来ます。

・キャッシュバックをもらえる。
・利用料金が安くなる。
・回線速度が速くなる。

キャッシュバックについては、最低利用期間経過後10,000円~30,000円前後支払われるケースが多くなっています。

利用料金は、初月無料で最初の数ヶ月は通常価格よりも割引価格で利用出来る場合が多くなっています。

回線速度もADSLは最大で約50Mbpsですが光回線は1Gbps(約1000Mbps)になりますので、その速さはおよそ20倍にもなります。回線速度が速くなることでストレスのない快適なインターネット環境を手に入れることが出来ます。

プロバイダ乗り換えのデメリット

それでは、プロバイダを乗り換えることによるデメリットについても見てみることにしましょう。次のようなデメリットが考えられます。

・メールアドレスが変更になる。
・現プロバイダとの解約違約金が発生してしまうことがある。
・工事が必要になるケースもある。

プロバイダが変われば、現在使っているメールアドレスが使えなくなってしまうこともあります。そのため、知人や友人達にメールアドレス変更をお知らせする必要が出て来ますので、手間がかかってしまいます。ただ、現在のメールアドレスを継続して使う方法もありますので、それに関しては別途お伝えします。

現プロバイダとの契約更新時期によっては解約違約金が発生してしまう可能性がありますので注意が必要です。また、プロバイダの変更と同時に接続回線をADSLから光回線に変更する場合、工事が必要になってしまうことがあります。光回線を利用するためには、光ケーブルが建物内に引き込まれていて、光コンセントの設置が必要になります。

事前にメリットとデメリットを比較しておく

プロバイダの乗り換えを行なって成功させるためには、どうすれば良いでしょうか?現在使っているプロバイダから別のプロバイダに乗り換えることによって起こるメリットとデメリットを事前に明確にしておくことが重要になります。

キャッシュバックがあっても、解約違約金がキャッシュバック金よりも高くなってしまうケースもありますし、当初の利用料金は安くても数ヶ月後の利用料金が割高になってしまうこともあります。事前に乗り換えを検討しているプロバイダの料金や特徴と現在加入しているプロバイダとを比較することで、乗り換えによるメリットとデメリットがハッキリして来ます。

プロバイダの特徴や料金に関する情報であれば、プロバイダの比較サイトをチェックすることで簡単に知ることが出来ます。プロバイダの乗り換えを検討する際には、こうした比較サイトを活用されることをおすすめします。

プロバイダー乗り換えとは?!

インターネット料金見直しや通信速度問題を解消するとき『プロバイダ乗り換え』を勧められたり目にしたりします。良くご存知の方が多いとは思いますが、今さら詳しく聞けなくて…そう思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで、プロバイダ乗り換えの基本的なポイントについて確認し直してみたいと思います。

インターネットを利用するときに契約する業者

まずは、インターネットを利用するときに契約する必要がある業者にはどんな業者があるのか確認しておくことにしましょう。

インターネットを利用するときには、『プロバイダ(インターネット接続業者)』と『回線業者』と契約する必要があります。プロバイダと回線業者では、それぞれ役割が異なります。

インターネットを利用するときには、PCやスマートフォン等端末固有の識別番号『IPアドレス』が必要になります。このIPアドレスはプロバイダによって割り当てられます。IPアドレスは、インターネットの通信回線を使うためのパスポートのような役割を果たしています。

そして、この通信回線をインターネット利用者に回すという役割を行なっているのが回線業者になります。

プロバイダを乗り換えるとはどういうことか?

プロバイダ乗り換えとは、IPアドレスを割り当てる業者を変更することになります。つまり、『プロバイダ乗り換え』とは、これまで使っていたインターネットの通信回線を利用するためのパスポートを変えることになります。

プロバイダ乗り換えによって利用する通信回線は変わりません。通信回線が変わらなければ、通信速度が変化することは本来であれば起こらないハズですし、プロバイダが通信回線に直接影響を与えることはありません。

それにも関わらず、プロバイダ乗り換えの理由として、通信速度アップを上げている人が多いのはどうしてでしょうか?

プロバイダ乗り換えで通信速度が変わるのは本当?

プロバイダ乗り換えで、通信速度が改善出来ると思っている人が多いのはどうしてでしょうか?回線業者が同じであれば、本来の通信速度が変化することはありません。けれども、プロバイダ側の容量と契約者数のバランスの問題で通信速度が遅くなってしまう可能性はあります。

プロバイダ側には、バックボーンと呼ばれる通信の基幹回線網があります。この回線網が太くてしっかりしていれば通信速度は速くなります。この通信網が利用者の数に追いついていない状態になってしまうと、通信速度が遅くなってしまいます。

これは、道路の渋滞と似ています。道幅が広ければ車は高速で走ることが出来ますが、道幅が狭ければノロノロ運転になってしまいます。道幅を広げたり交通整理を行なったりすることは、利用者には出来ませんので、キチンと整備されたプロバイダに乗り換えることで通信速度がアップされる可能性はあります。

けれども、最近はこの点は随分と改善されていますので、プロバイダだけ乗り換えるよりも、回線も一緒に変えた方が通信速度を改善できる可能性は高くなります。

インターネット利用の仕組みとプロバイダ乗り換えについて、簡単に説明させて頂きました。プロバイダ乗り換えを行なうことで、利用料金削減効果やキャッシュバックをゲットすることも可能です。どんなプラス効果があるのか比較サイトを参考にして、プロバイダ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

参考にしたサイトプロバイダー乗り換え