プログラミングスクールで楽しみながら学ぶことが大切

ECCコンピューター学院へ入学しプログラミングを習ったのですが、目的はプログラミングを習うというよりは、パソコンで何か腕をつけたかった。

これが正直なところでした。パソコンが好きで仕事に出来たらいいなという単純な発想を持っていました。

コンピューターの学校に入り、結果的にプログラミングを習いました。

当初は、プログラミングが何なのかわからずに習っていました。なので、パソコンで作業をすることだけが楽しくてやっていた記憶があります。

でも、今となってはプログラミングを習って良かったと思ってます。それは現在の仕事に活かされているからです。

現在はホームページを作り、アフィリエイトという仕事をやっていますが、もしプログラミングを習っていなかったら、ブログでもホームページでも作成が出来ずに困っていただろうと思うからです。

プログラミングは難しいですが、習い始めの頃はチンプンカンプンで全然わからなかったです。

ですが、好奇心が勝って自分でプログラミングをしたりして楽しみながら学んでいったのがわかるようになっていたのだろうと思います。

プログラミングスクールに通ってる方は最初はチンプンカンプンで全然わからないと思いますが、間違っていても良いから自分でプログラミングコードを書いて試してみると良いです。

私も最初の頃は間違いながら、試行錯誤を繰り返し学びました。そうすることで少しずつですがわかるようになってきたのです。

プログラミングって英語のようなものですね。コンピューター語とでも言うのでしょうか。パソコン内部にあるコンピューターとやりとりするための言語と思えば良いと思います。

プログラミング言語には様々なものがありますが、私はどれも習得は結局のところ出来ませんでした。

でも、プログラミングを習ったことで、HTMLというホームページ作成の時に必要なプログラミングを独学で学び出来るようになりましたね。

だから、プログラミングは難しいと投げ出さずに最後まで勉強をすることで別の形で良い結果が出るかも知れません。

今は、ホームページ制作をHTMLベースで作ることが出来ます。これもECCコンピュータ学院でプログラミングを習ったおかげだと感謝してます。

皆さんもプログラミングが難しいとプログラミングスクールを辞めずに最後まで頑張ってみて下さい。