プロバイダ乗り換え時の注意点

プロバイダ乗り換えには、月額利用料がお安くなったり、お得なキャッシュバックキャンペーンがあったりと、利用者にとって良いこと尽くめのように思えます。

けれども、せっかくプロバイダを乗り換えて回線業者も変更したのに通信速度が思ったほど速くならなかったというケースもあります。また、メールアドレスが変更になってしまって不便を感じてしまう方も多いようです。そこで、プロバイダ乗り換え注意点について調べてみました。

詳しくはこちらプロバイダ乗り換えのメリットとデメリット

インターネット回線が使えない期間を作らない

プロバイダを乗り換えの申し込みをしてから使えるようになるまで、多少の日数が必要になります。プロバイダによっても異なりますが、1週間前後の余裕を見ておくことが必要になります。現在使っているプロバイダ契約を解約する際には、乗り換え先のプロバイダの使用開始可能時期を確認してから行なうようにしましょう。

毎日、インターネットを使うことが当たり前になっている人にとって、数日でもインターネットを使えない期間があるのは、ストレスを感じてしまうことがあります。その期間無料Wi-Fiを利用することも可能ですが、セキュリティ対策の面でお勧め出来ないこともありますので、インターネット回線利用の空白期間を作らないように移行されることをお勧めします。

通信速度はルーターが重要

プロバイダを乗り換える理由として『通信速度』を上げる方はとても多く、インターネット上の動画配信サービスの増加に伴いこの傾向はますます強くなっています。

けれども、思っていたほど通信速度が上がっていないと感じている方も多くいます。どうしてこうしたことが起こってしまうのでしょうか?

実は、通信速度の性能を最大限に引き出すためには、ルーターの性能が大きく左右していますので、以下の点を確認して下さい。

・高速通信対応の通信規格かどうか。
・最大通信速度は十分かどうか。
・電波強度が足りているかどうか。

どれか一つが欠けているとしたら、本来の通信速度で通信することは難しいと思われますので、最新のルーターを用意されることをお勧めします。

メールアドレスの変更

プロバイダを変更すると、これまで使っていたメールアドレスを使うことが出来なくなってしまいます。知人や友人へのメールアドレス変更通知を行なったり、会員登録のメールアドレスを変更したりすることが面倒なので、同じメールアドレスを使いたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

同じメールアドレスを使いたいと思っている方は、現在のプロバイダとの契約を解約しないで月額¥200~¥400でメールアドレスのみを使うことが出来る契約をすれば、そのまま使うことが出来ます。

プロバイダの乗り換えはストレスなく行ないたいものです。スムーズな乗り換えのために今回ご紹介したプロバイダ乗り換え注意点を参考にしてみて下さい。

詳しくはこちらプロバイダ乗り換えの手順と方法について