光コラボ これまでの光回線との違い

ここ

インターネット回線と一言で言っても幾つか種類があるのですが、現在最も普及しているのが光回線です。

アナログ回線、ADSL回線、ISDN回線、そして光回線と段階を踏むごとにインターネット接続もスムーズになり、最近では高速通信が可能になっています。

光回線はこれまでNTT東日本や西日本のフレッツ光が中心であり、NTTと契約を結んだ代理店が販売していました。そんなNTTが提供していたフレッツ光は、基本的に代理店などと契約を結んでも結局はNTTが全てを対応してきました。

しかし、光コラボが開始された事により、NTTではなく、光コラボに参入したさまざまな企業と契約を結ぶ事が可能になりました。料金形態も契約企業が決めたものになるため、これまでよりお得な料金で光回線を利用することが可能です。

フレッツ光から光コラボにより他社へ転用する際は、特別な工事が発生しないため電話1本で切り替えが可能となっています。

しかし、光コラボにより全てが良くなるとは限りません。基本的に料金が安くなる事を全面に出して宣伝している光コラボですが、マンションなど複合施設にお住まいの方は、これまで同様、フレッツ光+プロバイダ契約をしていた方が料金が安くなる可能性があります。

また、接続方法が変わるため、速度が遅くなったり、インターネットに繋いだ祭に不安定になる事も考えられます。一度転用してしまうと、契約上元に戻すことや他に更なる転用をすることが難しくなったりとデメリットも幾つか存在しています。

安くなるならすぐに転用しよう!そう急ぐ前に、どの企業に転用するとお得なのか、じっくり考えることをオススメします。

ただ、転用を勧めるからにはユーザーに不利益を感じさせてはいけないため、これまでの料金よりも安価に光回線が利用できるようにしているのは事実です。

短期解約は出来ませんが、これまでよりもお得に利用できるのなら多少のデメリットがあってもユーザー側は納得するのではないかと思います。

ちなみに、転用先の企業と契約を交わす際は、きちんとプランを選ぶ事とどの程度利用すれば解約ができるのかもしっかり把握しておく事をオススメします。

公式サイトへ→OCN光
a

公式サイトへ→【SoftBank 光】
a

公式サイトへ→【So-net 光 コラボ】
a