インターネットをするために必要なサービスについて

あなたは知ってるだろうか?! インターネットをするために必要なサービスについて。

こんな会話が聞こえてきそうです。Aさん「インターネットをしたいのだけど、どこと契約すれば良いの?!知ってる?!」Bさん「そんなの簡単よ。NTTと契約しておけばすべてOKよ。」

本当かどうかはわからないが、例えの話です。けど、無知な人同士の会話ならあり得るかなとも思えます。NTTはフレッツ光やドコモなど様々な会社があるから、NTTと契約すれば良いのはいいのですが、ひとつ抜けてます。

インターネットには役割がありまして、インターネットへ繋げる回線の役割と、インターネットへ接続するプロバイダーの役割です。つまり、回線とプロバイダーの2つと契約しなければ成り立ちません。

先ほどの会話に、「NTTとプロバイダーとの契約をしておけばOKよ。」が正解です。NTTはフレッツ光やドコモ光など回線業者となります。それに加えてどこかプロバイダーと契約をしなければなりません。

そもそもプロバイダーって何だ?!

先ほどから「プロバイダー」って何度も出てくるが、何のことかさっぱりわからないって方もいる事でしょう。初めて聞く言葉だって方もいると思います。私もね。人の事は言えないのです。最初は、NTTのフレッツ光さえ申し込めばインターネットが出きると勘違いしてた一人です。

経験者であるために、皆さんの気持ちは痛いほどわかります。プロバイダーって何だ?!って感じですよね。

プロバイダーを辞書で引くと「提供者」と出てきます。ここでいうプロバイダーを正確に言うと「インターネットプロバイダー」となります。つまりインターネットを提供する会社なのです。

これじゃピンと来ないと思います。プロバイダーには「OCN」「So-net」「BIGLOBE」「nifty」「DTI」「Yahoo!BB」など数多くの会社があります。

それらの会社は、インターネットへ接続してくれる役目をしてます。高速道路で例えると、つまり、NTTのフレッツ光が道路で、プロバイダーは目的地の出口への料金所のようなもの。

また、プロバイダーは窓口にもなってくれます。インターネットへの接続が遅いときやインターネットで困った時などにプロバイダーのサポートへ相談すると解決されることがあります。

プロバイダーはインターネットへの接続と同時に私達とのパイプ役にもなってくれています。

それでもプロバイダーは必要なのか?!

もしかしたら、プロバイダーって必要なのって思う人もいるでしょう。回線業者であるNTTが全てやってくれたらいいじゃん。そう思う方もいると思いますが、法律でそれが出来ないようになっています。いやゆるNTT独占法というものです。

NTTは独占的に、プロバイダー業務までやることを禁じられています。そのために、NTTだけ契約すればいいという事が出来ません。面倒なことなのですが法律で決まってしまっているので仕方ありません。

参考にしたサイト日本電信電話株式会社等に関する法律