NTTフレッツ光回線の工事にはどんな工事があるの?

インターネットをサクサクとストレスなく使いたいなら、フレッツ光回線はピッタリですよね。

けれども、住まいによって必要な工事が違って来ますので、簡単に光回線に切り替えられると思っていたのに、予想以上に工事費がかかってしまったりすることもあります。

そうならないために、光回線の工事についてどんな工事があるのか探ってみることにしましょう。

詳しくはこちらフレッツ光とは?!

参考にしたサイトNTT東日本公式

NTTフレッツ光回線利用に必要な工事

フレッツ光回線を利用するのにはどんな工事が必要なのか、確認しておくことにしましょう。

大きく分けると、光ケーブルを建物内に引き込むための「引き込み工事」と光回線終端装置(ONU)を接続するために必要な光コンセントを設置する「接続工事」になります。

マンションの場合は、「引き込み工事」まで完了しているケースが多いため、共有部分から個別住宅部分に配線の接続を行なう工事を行なうケースが多くなっています。

一戸建て住宅の場合は、電柱から建物内部にケーブルを引き込む工事から行なうことになります。

賃貸住宅の場合

もし、賃貸住宅で引き込み工事から行なう必要がある場合は、貸主の許可を事前に取っておく必要があります。ケーブルを引き込む場合、エアコンのダクトを利用することがほとんどですので壁に穴を開けたりするケースは通常起こりませんが、ケーブルを固定するためのパーツを設置したり、光コンセントを設置する必要があります。

工事方法、退去の際に原状回復が可能かどうか、また原状回復費用がどの位かかるかも確認しておくことが重要になります。原状回復が出来ない場合は、光回線工事を諦めて他の回線を考えた方が良さそうです。

NTTフレッツ光回線工事費用と工事所用時間

それでは、光回線工事を行なうと費用はいくら位必要になってくるのでしょうか?相場としては15,000円~30,000円と言われています。工事費用の支払いは一括で支払うことも、分割払いにすることも可能です。一括払いの場合は翌月に、分割払いの場合は毎月の利用料金と一緒に支払うことになります。

また、工事にかかる時間はどのくらいかかるかも気になるところです。マンションの場合は共用部分まで引き込み工事が行われている場合は1時間前後、戸建て住宅の場合は2時間前後かかってしまうようです。

光回線の工事内容・工事費用・工事所用時間についてみて来ましたが、キャンペーンとして工事費実質無料としてプロバイダが負担してくれるケースもありますので、上手に利用してお得に光回線を始めてみてはいかがでしょうか?新入学・新入社の時期は光回線工事件数が多くなってしまうため、スムーズな乗り換えを希望される場合は、3月や4月は避けた方が無難かも知れません。