プロバイダをもっとお得で便利な方へ乗り換えませんか?プロバイダの乗り換えで特典があるものも多いです。

ランキング形式でご紹介しましょう。

プロバイダ乗り換え時の注意点

●広告はしっかり内容を調べて

インターネットの使用頻度が高くなってくると気になるのは回線の速度と利用料金です。 ブログやHPを閲覧する程度のうちは不満も少 ないのですが動画をみたり投稿したりすると気になってくることでしょう。 最近では、光ファイバーやモバイル回線などの通信回線も数が増え、テレビやインターネットなどの広告で回線の通信速度や利用料金の の安さを売りにしていてすぐに変更したい気持ちになりますが、内容をしっかり精査する必要があります

●契約内容に注意!違約金が発生することも

いざ、新しいプロバイダーに変更しようと思って手続きを始めたら、契約期間がきめられていて違約金が発生する場合があります。 格安をエサに新規加入者を増やしてもすぐに他社に乗り換えられていたら、商売としてなりたたないので各社とも数年間は契約を解除 できないようなしくみを設定している可能性があるのです。本来必要のない違約金を支払っていたのでは、いくら新規契約が安いもので あっても変更しないほうが安かったなどということにもなりますので、今契約しているプロバイダーとの契約内容にもしっかり目を通す 必要があります。

●目的をしっかり持ってえらびましょう

乗り換えを決定する際には、しっかり目的を持って行うべきです。

引越しでマンションから一戸建てに変わるとか都市から地方へ引越 しするといった使用条件が変わってしまうといった時や通信速度が不満でADSLから光ファイバーに変更するといった明確な目標がある ときは決定しやすく計画もたてやすいでしょう。キャンペーンに惹かれてといった理由であるときは実際はキャンペーン期間中は安く てもその期間が終わってしまうと通常の料金が高いものだったりしますので気をつけなければなりません。

●比較検討してみましょう

乗り換えを検討するときは、自分が乗り換えることのできる回線業者の中からできるだけ沢山情報を収集し、比較検討して決定していく ようにしたいものです。 プロバイダーによっては地域限定がされていて安いものもありますから、大手だけでなく中小のプロバイダーも検討対象にしてみても よいかもしれません。 また、光ファイバーは光電話を併設できるプロバイダーがあります。この場合電話回線を複数設定することでADSL並に安くなる場合も ありますので光は高いからと諦める必要もなくなる訳です。ただし回線手段を変更すると回線工事などの初期費用がかかることも忘れ てはいけません。