プロバイダをもっとお得で便利な方へ乗り換えませんか?プロバイダの乗り換えで特典があるものも多いです。

ランキング形式でご紹介しましょう。

プロバイダ乗り換え時の手順について

●切り替え工事をスムーズに

プロバイダーを乗り換える際には色々な手続きが必要になります。しっかり下調べをして計画をたてておかないと後々うまく機能しな かったり余分な費用がかかったりすることになります。 乗り換える原因は、色々あると考えられますが可能ならば同じISPの中での回線事業所に変更にするべきでしょう。同一のネットワーク であればアドレス変更は必要なく、周辺機器もそのまま使えるので手間がかからないことが多いです。 しかしながら引越し等で従来のプロバイダーが利用できない時や、プロバイダー自体に不満があるときはプロバイダーの変更も止むを得 ないところです。

プロバイダー変更の際、もっとも面倒なのが新旧の切り替え時です。プロバイダーは月契約がほとんどですので契約月一杯は利用して 翌月に工事を行うことになるのですが、この工事が終了するまでは新しいプロバイダーでの利用はできませんのでインターネットの利用 もできなくなります。ADSL同士であればNTTの工事日を同じ日にすることができるので利用不能期間は一日で済みますが、利用料金が一 ヶ月は重複することとなります。また転勤などが集中する3月あたりは工事が集中するので、希望の日程が組めないことが多いので早め に予約をいれるか、日程をずらすようにしましょう

●変更が必要なものはしっかりチェック

プロバイダー変更によってモデムなどの周辺機器が変更になることがあります。

パソコンについても設定の変更が必要になるので確認が 必要です。IP電話を利用している場合は番号が変わってしまうので連絡先などに迷惑がかからないようにしましょう。 新規に契約するとキャンペーンなどによって無料でサポートしてくれるサービスがあることが多いので利用するのも有効な手段です。 光ファイバーを選択した場合加入系ネットワークからISPにいたる経路をしっかり把握しておく必要があります。

光ファイバーの場合ネットワークすべてが光ファイバーになっていると思いがちですが、実際は中継局までだけだったりすることもあります。このような 場合は通信速度が思ったより速くならないといったことになりがちです。  まずは、使用するパソコンが光ファイバーの高速データーを処理できるだけの能力があるかどうかチェックしておきましょう。

●新規契約は口コミが重要

乗り換えをする際、新規契約する業者は色々面倒をみてくれることが多いのですが、解約される側の業者は殆どの場合なにもしてくれな いことが多いものです。折角新しく契約するのですから、解約時のサポートもしっかりしてくれそうな業者を選ぶべきでしょう。 プロバイダーの選択については、ユーザーの口コミはどのようなものか、設備がしっかりしているか、キャンペーンはどうなっているか などしっかり調査して選びたいものです。