プロバイダをもっとお得で便利な方へ乗り換えませんか?プロバイダの乗り換えで特典があるものも多いです。

ランキング形式でご紹介しましょう。

人気のプロバイダーについて

●プロバイダーの役割とは

私達がインターネットを初めて利用する場合、一般的にはプロバイダー(ISP)と呼ばれるインターネットを接続してくれる業者と契約を結ぶ必要があります。実際、契約を結ぶのは回線業者と呼ばれる業者になります。回線業者とは文字通り電話回線や光ファイバーを引いてくれる業者のことです。テレビCMでよく宣伝しているのはこの回線業者であることが多いので、結構名前を聞けばお分かりになる方も多いことでしょう。 

回線業者はそれぞれプロバイダー業者とグループを形成していて、回線業者を決定するとプロバイダーがある程度決まってしまうということになります。

●プロバイダーについてよく知ろう

プロバイダーはできるだけ沢山の利用者を確保したいので…

光ファイバーやADSL、モバイル回線といった回線ごとにも対応する必要性が生じます。そこで複数の回線業者とグループを形成している場合があります。 全くの新規契約の場合プロバイダーを決定するのは自宅通信環境と料金体系をもとに決めていくというパターンになりますが、利用回数が増えてくると通信の速いものに変えたいとか、料金の安いところに変えたいと思うようになってきます。

また引越しなどにより通信環境が変わってしまい別のプロバイダーに変える必要に迫られることもあるかもしれません。 頻繁に変えることのないプロバイダーですが、どのようなものがあるのか知っておくと便利なことが多いです。

●主要なプロバイダーを紹介

プロバイダーは主なものとして、NECのBIGLOBE(ビッグローブ) 富士通の@nifty(アット・ニフティ)といったパソコン会社が運営するものNTTコミュニケーションズが運営するOCN (オーシーエヌ)関西電力のeo光 (イオヒカリ) 中国電力のMEGA EGG(メガエッグ)といった電力会社の運営するもの auのau one net(エーユーワンネット) ソフトバンクのYahoo! BB(ヤフービービー)といった携帯電話会社の運営するものなどがあります。 携帯会社や電力会社系は自前の回線ネットワークとグループを形成していることが多いのですが、それ以外のプロバイダーはNTTグループの回線業者とグループ形成していることが多いです。

加盟者数のもっとも多いのがOCNでプロバイダー№ 1の地位を確保しており、NTTグループのネットワークと直結しているのが強みで、ADSLや光ファイバー、モバイル回線にも対応しているので環境に左右されることがありません。これに対してNECのBIGLOBE(ビッグローブ) 富士通の@nifty(アット・ニフティ)といった所は自前の回線ネットワークを持っていませんので回線業者はすべて借り物と言う形になりますが、幅の広い回線業者とネットワーク形成をしているので、利用者の立場からみると色々な回線業者を選択できるというメリットがあります。