イメージ画像

光コラボ乗り換えは
ここだ!

光コラボ記事一覧1

実質料金もお得なソフトバンク光

イメージ画像

光コラボの乗り換え先を選ぶときに、重視したい月々の料金。利用料金がこれまでとくらべ安くなるのが売りのひとつですから、自分に必要なサービスとそれに見合う料金を見極めて光コラボ業者を選びたいものですよね。


必要になるコストを調べるとなるとどうしても月額の基本料金やいろいろな割引に目がいきがちですが、ほかにも着目してほしいポイントとして「実質料金」というものがあります。


実質料金とは、基本の月額利用料からキャッシュバックでもらえる現金やキャンペーンの特典、各種の割引などを差し引いたもの。


たいてい最低利用期間分の月数で割って、諸々のキャッシュバックや割引を含めると月々に実質いくら支払うことになるのかを明確にした金額のことです。


後日まとめて支払われるキャッシュバック分の収入などをくわえている場合には実際に請求される金額よりも安い結果になるのであまり意味がないように感じる人もいるかもしれませんが、数年という長いスパンで見て得になるか損になるかをチェックできるので、一度乗り換えたら長い期間その光コラボ業者を利用していきたいと思っている人にはぜひたしかめておいてほしいポイントです。


ほかの光コラボ業者と比較して実質料金が安いものとして、ソフトバンク光などがあげられます。ソフトバンク光はソフトバンクのスマートフォンを利用していると最大で2,000円の割引が受けられるので、もともとスマートフォンを利用しているユーザーにとってはかなりお得な光インターネット業者だといえます。


実は、ソフトバンク光への乗り換えや新規契約を、公式のサイトや店舗からではなく正規の代理店から申し込むとかなり高額のキャッシュバックがもらえるのです。


安くても7,000円、高ければ20,000円ほどのお金が戻ってきますので、キャッシュバックがもらえるよう代理店から契約を申し込めば実質料金はぐっと下がります。


もともとソフトバンクのスマートフォンを利用していたユーザーはもちろん、光コラボ乗り換えを機にスマートフォンも新規契約するのもおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ