Contents

当サイトがおすすめしたいプログラミングスクール3社比較表

私が10年以上も前の話になりますが、プログラミングスクールに通っていた経験があります。当時は、プログラミングのみではなくコンピューターについて詳しく学ぶものでした。その中の一つにプログラミングの授業がありました。

プログラミングを学ぶと今までとは違う先見的なものの見方が出来るようになります。

プログラミングスクールでは「C言語」や「JAVA」など沢山の言語を学ぶことになるでしょう。でも、プログラミングを学びながら頭の中で組み立てる力が身に付くようになるのでおすすめです。

失敗したくない人のためのプログラミングスクールの選び方

 

学習スタイルについて

プログラミングスクールを選ぶ際に失敗を避けたい方のために、以下に学習スタイルに関する重要なポイントをまとめます。

カリキュラムの柔軟性をチェックしましょう。自分のスケジュールや学習ペースに合わせて進められるかどうかを確認します。

自分の学習スタイルに適した形式を提供しているか確認しましょう。オンライン、対面、自己学習、ライブプロジェクト、グループワークなど、選択肢があるかどうかを見極めます。

教師陣の質とサポート体制を確認しましょう。経験豊富な教師や個々の質問に対するサポートが充実しているかどうかをチェックします。

実践的な経験を重視しましょう。プロジェクトベースの学習や業界とのつながりを提供しているか確かめます。

卒業生の成功事例を調査しましょう。卒業生がどのようなキャリアパスを歩んでいるかを確認し、そのスクールの価値を見極めます。

費用と価値のバランスを考慮しましょう。高額なスクールが必ずしも良質な教育を提供するわけではないため、費用対効果をよく考えます。

オンライン上の評判やレビューを調査しましょう。他の受講生や業界関係者の意見を参考にし、スクールの信頼性や実績を把握します。

 

受講期間について

プログラミングスクールを選ぶ際に受講期間に関する重要なポイントをまとめます。

受講期間は自分の目標や学習スピードに合ったものを選びましょう。短期集中コースから長期コースまで、自分に適した期間を選択します。

スクールが提供する柔軟な受講期間を確認しましょう。自分のスケジュールに合わせて学習ができるかどうかをチェックします。

自己学習期間や復習のための余裕を考慮しましょう。スクールのカリキュラム外での復習や追加学習のための時間を確保することが重要です。

オンライン学習の場合、自己ペースで進められる期間を選択できるかを確かめます。個々のモジュールやコンテンツを自分のペースで進められるかどうかをチェックします。

長期コースを選ぶ場合は、学習内容やスクールの質に加えて、経済的な負担も考慮しましょう。長期間の費用対効果をよく考えます。

受講期間の延長や短縮のオプションがあるかどうかも確認しましょう。学習進捗や目標に合わせて受講期間を調整できるかどうかをチェックします。

 

学べる言語について

プログラミングスクールを選ぶ際の学べる言語に関するポイントをまとめます。

最新の需要や業界トレンドに即した言語を提供しているか確認しましょう。需要の高い言語やフレームワークを学ぶ機会があるかどうかをチェックします。

基本的な言語(Python、JavaScriptなど)から発展的な言語(Java、C++など)まで幅広い選択肢を提供しているか確認します。自分の興味やキャリア目標に合った言語を学べるかどうかを見極めます。

言語だけでなく、関連するフレームワークやツールについても学べる機会があるか確認しましょう。実際の開発環境や実務で使用されるツールについても触れられるかどうかをチェックします。

プログラミングの基礎を学ぶ言語と、実際のプロジェクトで利用される言語や技術についてバランスが取れているか考慮します。基礎的な理解と実践的なスキルの両方を学ぶことが重要です。

個々の言語や技術の就業機会や将来性についても調査しましょう。求人市場でどの程度需要があるかや、その言語や技術が将来にわたって有用であるかを考慮します。

自分の興味や目標に合った言語や技術を学ぶことで、より満足度の高い学習経験を得ることができます。それにより、将来のキャリアにも有利になる可能性があります。

 

スクールのサポートについて

プログラミングスクールを選ぶ際、スクールのサポートは重要な要素です。教育機関のサポートが充実しているかどうかは、学習の効果や成果に直結します。

優れたサポート体制は、学生が学習課程での課題や疑問に対処し、将来的なキャリア目標に向けて支援を受けられるかどうかを決定づけます。

スクールのサポートが有益であるかどうかを確認するために、次のポイントを注視することが重要です。

教師陣の質と経験は、学生の理解と成長に大きな影響を与えます。業界経験豊富で教育にも熱心な教師陣が揃っているスクールは、質の高いサポートを提供する傾向があります。

個別のサポートが充実しているかを確認しましょう。学生の個々のニーズに対応するためのオフィスアワーや個別指導が提供されていると、理解を深めるのに役立ちます。

コミュニティやフォーラムが存在するかどうかも重要です。学生同士の相互サポートや情報交換を促進するプラットフォームがあると、学習体験が充実します。

キャリアサポートは卒業後の進路に大きな影響を及ぼします。就職支援やキャリアカウンセリングが含まれているスクールは、学生の将来の成功に貢献する可能性が高いです。

学習に役立つリソースやツールが提供されているかも重要なポイントです。追加の教材やオンラインツールがあると、学習効果が向上します。

進捗管理やフィードバックは学習者の成長を把握するために重要です。定期的なフィードバックや進捗のモニタリングが行われているかを確認しましょう。

最後に、卒業生の成功事例はそのスクールのサポート体制を評価する上での重要な情報源です。卒業生がどのようなキャリアパスを歩んでいるかを調査することが重要です。

 

いくら必要か費用と予算について

プログラミングスクールを選ぶ際に必要な費用や予算について考慮すべきポイントは次の通りです。

スクールの授業料や教材費、その他の追加費用がどれくらいかかるかを調査しましょう。公表されている費用だけでなく、追加の教材や試験料などが含まれているかを確認します。

また、追加の費用がある場合、それらがどの程度の金額か、あるいは支払いタイミングはいつかを把握しましょう。予期せぬ費用に備えることが重要です。

奨学金や支援制度が提供されているかどうかも重要です。一部のスクールでは奨学金や学生ローン、支援プログラムを提供している場合もあります。自分の状況に合った支援制度を確認しましょう。

学習資料や教材についても費用がかかる場合があります。スクールが提供する教科書、オンラインリソース、ソフトウェアライセンスなどの追加費用についても確認します。

プログラミングスクールによって費用は大きく異なるため、予算を明確にし、自分の経済的な状況に合った選択を行いましょう。費用と教育価値のバランスを考慮して、選択を行うことが重要です。

 

無料体験の有無について

プログラミングスクールを選ぶ際の無料体験に関する重要なポイントを以下に示します。

無料体験が提供されているかどうかを確認しましょう。多くのスクールは、潜在的な学生がスクールの環境やカリキュラムを試すために無料の体験クラスやワークショップを提供しています。

このような無料体験を通じて、スクールの雰囲気や教育手法、教師陣の質を経験し、実際の学習内容に触れることができます。自分に合ったかどうかを判断するのに役立ちます。

無料体験の有無だけでなく、その内容や範囲も確認しましょう。一部のスクールでは無料でオンラインコースを提供しているものの、実際の授業内容や教材に制限がある場合もあります。

無料体験を利用することで、スクールの教育方法や学習スタイルを体験し、自分にとって最適な選択を行う手助けになります。無料体験を利用して、将来の学習計画に適合するかどうかをよく検討しましょう。

あなたにおすすめのプログラミングスクールはどれ?!

おすすめのプログラミングスクール厳選3選

エンジニアズゲート

完全無料で学べる就職サポート付プログラミングスクール

エンジニアズゲートは、未経験者に向けたプログラミングスクールとして注目を集めています。その特徴的なポイントを紹介します。

エンジニアズゲートは未経験者でも安心してプログラミングを学ぶことができるスクールです。

プログラミング未経験者向けのカリキュラムが用意されており、基礎からステップバイステップで学べるようになっています。

これにより、初心者でも無理なくスキルを身につけ、エンジニアとしてのステップアップを目指すことができます。

一番の魅力は、エンジニアズゲートが提供する手厚いサポート体制です。

学習中に疑問や問題が生じた場合、専門のサポートが即座に対応してくれるので、学習者は安心して進めることができます。

また、就職・転職支援も充実しており、スクール卒業後も適切なキャリアサポートが期待できます。

実績豊富な現役エンジニアが講師として参加しているため、実践的な知識や業界の最新情報を学ぶことができます。

現場で活躍するエンジニアたちからのリアルな経験談やノウハウを聞くことで、学習者は最短で活躍できるスキルを身につけることが期待されます。

さらに、エンジニアズゲートでは驚くべきことに、完全無料で受講できるという点があります。

これは非常に珍しいケースであり、経済的な負担を気にせずにプログラミングを学びたいと考える人にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

なりたいキャリアを実現するためには、適切な学習環境が欠かせません。

エンジニアズゲートはその点を踏まえ、未経験者にも手厚いサポートを提供し、実績豊富な講師陣が導く中で、無理なくスキルを身につけ、最短で活躍の舞台に立てるプログラミングスクールと言えるでしょう。

詳しくはこちらエンジニアズゲート評判

公式サイトはこちら無料で学べる 未経験からITエンジニアへ エンジニアズゲート

ディープロ

エンジニア養成のプログラミングスクール。仲間と一緒に充実した学習ができるのも特徴の一つ!

ディープロは、エンジニアとして活躍できる人材を育成するためのプログラミングスクールとして注目されています。以下に、その特長をご紹介します。

ディープロは完全未経験からエンジニア転職を実現した卒業生を多数輩出しており、実績豊富なスクールとして信頼されています。

未経験者にもわかりやすい丁寧な指導のもと、エンジニアとしてのスキルを確実に身につけられるプログラムが提供されています。

カリキュラムには実際の開発現場で使用されているツールや課題が取り入れられており、理論だけでなく実践的な技術も習得できる構成となっています。

これにより、学んだ知識を即座に現場で活かすことが可能で、エンジニアとしての即戦力となるスキルを効果的に身につけることができます。

学習者をサポートするための充実した環境もディープロの魅力の一つです。

日々の学習計画や現役エンジニアへの無制限の質問など、学習環境や内容に対する不安を解決するための万全のサポート体制が整備されています。

これにより、学習者は安心して目標に向かってステップを踏み出せます。

また、ディープロでは受講生&卒業生向けのコミュニティを運営し、毎月様々なイベントを開催しています。

就職活動の情報交換やエンジニアとしての最新情報共有など、コミュニティによって生まれる交流の場で学びを深めることができます。

仲間と助け合いながら学ぶことで、個々の成長をより一層サポートしています。

ディープロは卒業生の実績や充実したサポート体制、交流の場としてのコミュニティなど、多岐にわたりエンジニアとしてのキャリアを築くために必要な要素が揃ったスクールです。

未経験者からでも確かな技術を身につけ、エンジニアとしての成功を目指すなら、ディープロが適しているでしょう。

詳しくはこちらディープロ評判

公式サイトはこちらDIVE INTO CODE

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジは、その「完全eラーニング型」の特長から、学習者が自己中心で学びを進めることができるプログラミングスクールです。

この柔軟な学習スタイルは、個々の生活スケジュールや学習ペースに合わせて進めることができ、自己主導的な学びを重視しています。

特筆すべきは、ウズウズカレッジが1on1で担任講師をつけることで学習者が挫折せずに学習を進められる環境を提供している点です。

担任講師との直接のやり取りがあることで、個々の理解度や進捗状況を細かく確認でき、質問や不明点が生じた際にもスムーズにサポートを受けることができます。

また、IT専門エージェントによる就職支援が提供されているため、学習者は安心してキャリアの方向性を模索し、スクールの学習内容が実践的なものであることから即戦力としての力量を身につけることが期待できます。

ウズウズカレッジは、経済産業省が支援する「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」の対象となるIT転職支援サービスを提供しています。

このサービスを利用することで、IT学習支援にかかる費用の最大70%の補助金を受け取ることができます。

これは学習者にとって大きなメリットであり、経済的な面でもサポートが受けられる点が魅力です。

ウズウズカレッジは、eラーニング型で柔軟な学びを提供し、1on1の担任講師制度や就職支援サービスにより学習者が確実にスキルを磨き、安心してキャリアを築くことができる環境を整えています。

転職を視野に入れた学習を検討している方にとって、ウズウズカレッジは有益な選択肢の一つと言えるでしょう。

詳しくはこちらウズウズカレッジJavaコース評判

公式サイトはこちら【UZUZ Java】

失敗したくない人必見!スクール選びの失敗理由と対策

学習機会を活用する際、正しいスクールを選ぶことは重要です。失敗を避けるためには、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。以下に、失敗の理由とそれに対する対策を詳しく解説します。

1. 不適切な目標設定

失敗の最たる理由の一つは、適切な目標を設定していないことです。目標が不明確であったり、スクールがその目標をサポートしていない場合、学習効果は限定的になるでしょう。

対策: スクールを選ぶ前に、自身の目標を明確にしましょう。具体的で実現可能な目標を設定し、その目標を達成するための手段が提供されているかを確認します。

2. 情報不足

適切なスクールを見つけるためには、情報収集が肝要です。しかし、時には情報が不足していることが原因で誤った選択をしてしまうこともあります。

対策: インターネットや口コミサイトなどを活用して、スクールに関する情報を集めましょう。スクールの公式ウェブサイト、SNS、または実際に受講生や元受講生に直接話を聞くことで、客観的な情報を得ることができます。

3. 適切なカリキュラムの不在

スクールの提供するカリキュラムが、実際の学習ニーズにマッチしていないことが失敗の要因となります。カリキュラムが古い、または自分の興味や必要なスキルに沿っていない場合、学習意欲が減退してしまいます。

対策: スクールの提供するカリキュラムを詳しく調査しましょう。将来のキャリアや個人的な目標に適合するカリキュラムを提供しているか、そしてそれが実際の業界で求められるスキルにマッチしているかを確認します。

4. 質の低い教育スタッフ

教育スタッフの質が低い場合、適切な指導やサポートを受けられないかもしれません。スクールが優れた教育者や専門家を雇っていない場合、学習の質は低下します。

対策: スクールに在籍する教育スタッフの資格や経験を調査しましょう。業界での経験や教育歴など、教育スタッフの質に関する情報を収集することが重要です。

5. 適切な費用対効果の評価

高額なスクールが必ずしも最良の選択とは限りません。一方で、安価なスクールが十分な教育価値を提供しているとも限りません。

対策: 費用の面だけでなく、教育価値や提供されるサービス、キャリアサポートなど、総合的な価値を評価しましょう。コストと教育内容のバランスを考慮して最良の選択を行います。

スクール選びにおいては、慎重な検討が欠かせません。自身の目標やニーズに合致し、質の高い教育を提供するスクールを見つけるために、時間をかけて検討しましょう。

プログラミングスクールを受講するメリット

現代社会において、プログラミングスクールの受講は非常に多くのメリットをもたらします。ここでは、そのメリットを詳しく解説します。

1. 需要の高いスキルを習得する機会

プログラミングは、現代のビジネスやテクノロジー分野で非常に需要の高いスキルです。スクールでは、プログラミング言語や開発ツールを使ってコーディングやソフトウェア開発を学ぶことができます。これにより、市場価値の高いスキルを習得できます。

2. 新しいキャリアパスを開拓する機会

プログラミングスクールでは、プログラミングの基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。これにより、新しいキャリアパスを開拓するチャンスが広がります。プログラミングの知識とスキルを活用して、ソフトウェアエンジニア、ウェブデベロッパー、データサイエンティストなど、多岐にわたる職業に就くことが可能です。

3. 実践的な学習とプロジェクト体験

プログラミングスクールでは、理論だけでなく実践的な学習を重視しています。実際のプロジェクトに取り組みながら、チームでのコーディングやソフトウェア開発に関するスキルを磨くことができます。これにより、実践的な経験を積むことができます。

4. コミュニティとネットワークの構築

プログラミングスクールでは、共に学ぶ仲間や教育者とのコミュニティを形成する機会があります。これにより、ネットワークを構築し、お互いに学び合い、将来のキャリアやプロジェクトでの協力関係を築くことができます。

5. キャリアサポートと就業支援

多くのプログラミングスクールは、卒業生を就業させるためのサポートを提供しています。キャリアカウンセリングや就業支援、企業とのつながりを築くイベントなどを通じて、卒業後の就業をサポートしています。

6. 自己成長と問題解決能力の向上

プログラミングは、問題解決能力を養うための優れた手段です。スクールでの学習を通じて、論理的思考や問題解決能力を鍛え、自己成長を遂げることができます。

プログラミングスクールを卒業後のキャリアの例について

プログラミングスクールを卒業すると、多くの卒業生が新たなキャリアパスを開拓し、さまざまな分野で活躍しています。以下に、プログラミングスクールを卒業した後のキャリアの一例を挙げてみましょう。

1. ソフトウェアエンジニア

プログラミングスクール卒業生の多くがソフトウェアエンジニアとして就職しています。彼らは、ソフトウェア開発、アプリケーション開発、ウェブ開発など、様々なプロジェクトに関わっています。プログラミングスクールで身につけたスキルを活かし、コードを書いたり、システムを設計したりすることで、技術的な成長を遂げています。

2. ウェブデベロッパー

ウェブデベロッパーは、ウェブサイトやウェブアプリケーションの開発を行う専門家です。プログラミングスクールで学んだ知識を活かし、フロントエンドやバックエンドの開発、デザイン、ユーザーエクスペリエンスの向上などに携わっています。

3. データサイエンティスト/データアナリスト

データサイエンティストやデータアナリストは、データを分析し、洞察を得るための専門家です。プログラミングスクールで学んだプログラミングとデータ解析のスキルを活かし、データベースの管理や分析、機械学習、ビジュアライゼーションなどを行っています。

4. モバイルアプリケーション開発者

モバイルアプリケーション開発者は、スマートフォン向けのアプリケーションを開発する専門家です。プログラミングスクールで学んだスキルを活かし、iOSやAndroid向けのアプリケーション開発に携わっています。

5. クラウドエンジニア/デベロッパー

クラウドエンジニアやデベロッパーは、クラウドベースのソフトウェアやシステムを構築、管理、保守する専門家です。プログラミングスクールで学んだスキルを活かし、クラウドプラットフォームの構築や展開、運用管理などに従事しています。

6. 自営業/フリーランス

一部のプログラミングスクールの卒業生は、自身のスキルを活かしてフリーランスとして活動しています。ウェブ開発、アプリケーション開発、コンサルティングなど、独自のプロジェクトを受注し、自己のビジネスを展開しています。

これらは、プログラミングスクールを卒業した後の一般的なキャリアの例ですが、実際にはさまざまな選択肢があります。プログラミングスクールで身につけた技術や知識を活かし、自身の興味や目標に合ったキャリアパスを見つけることができます。

プログラミングスクールでよくある疑問とその答え

プログラミングスクールに関する疑問は多岐にわたりますが、一般的な疑問とその答えをいくつか挙げてみましょう。

1. プログラミング未経験者でもスクールに参加できる?

はい、ほとんどのプログラミングスクールは、未経験者向けのカリキュラムを提供しています。基礎から始めて段階的にスキルを習得できるような内容になっています。多くの人がゼロから始めてプログラミングを学んでいます。

2. 学習期間はどれくらいかかるの?

学習期間はスクールやコースによって異なりますが、一般的には数ヶ月から半年程度のコースが一般的です。ただし、個々の学習ペースやコース内容によって異なるため、柔軟な学習スケジュールが設定されることもあります。

3. スクールの費用はどれくらいかかるの?

プログラミングスクールの費用も、スクールやコースによって異なります。一般的には、数千ドルから数万ドルに及ぶことがあります。しかし、奨学金や支援制度、返済プランがある場合もありますので、様々な支援制度をチェックすることが重要です。

4. オンラインコースとオフラインコース、どちらが良いの?

これは個人の学習スタイルや環境によるものです。オンラインコースは柔軟性があり、自分のペースで学べますが、モチベーションの維持や質問の即時回答が難しい場合があります。一方、オフラインコースは直接指導を受けられますが、時間や移動の制約があるかもしれません。両方のメリットを比較して、自分に合った形式を選ぶと良いでしょう。

5. 卒業後のキャリアサポートはあるの?

多くのプログラミングスクールは、卒業後のキャリアサポートを提供しています。就職支援やインターンシップ、ポートフォリオ構築、就職面接の練習などが含まれます。ただし、その範囲や内容はスクールによって異なります。

6. 学習内容やカリキュラムの充実度はどうか?

多くのプログラミングスクールは業界で求められる最新のスキルや技術をカリキュラムに取り入れています。ただし、スクールごとに強調する領域や提供する技術が異なるため、自分の興味や目的に合ったスクールを選ぶことが重要です。

これらはプログラミングスクールに関する一般的な疑問とその答えですが、実際に選ぶ際には個々の状況や目標に合ったスクールを選ぶことが重要です。

プログラミングを学ぶために必要なもの

プログラミングの勉強を始める際に必要なものはいくつかあります。以下は、基本的なものとして考えられる要素です。

コンピューター

プログラミングは主にコンピューター上で行われるため、まずは適切なハードウェアが必要です。

パソコンやノートブックなどが一般的です。プログラミングの種類や目的によっては、特定の要件があることもあります。

インターネット接続

インターネットはプログラミング学習において非常に便利です。学習資料やコミュニティ、開発ツールのダウンロードなど、多くの情報がオンラインで利用可能です。

インターネット接続がまだの方はこちらプロバイダー乗り換え

テキストエディターまたはIDE (統合開発環境)

プログラムを書くためのツールが必要です。シンプルなテキストエディターから、言語ごとに最適化されたIDEまでさまざまな選択肢があります。

例えば、Visual Studio Code、PyCharm、Eclipseなどがあります。

プログラミング言語の選定

どのプログラミング言語を学ぶかを選ぶ必要があります。

初学者向けにはPythonがおすすめされることが多いですが、目的や興味によっては他の言語も選択肢となります(例:JavaScript、Java、C++など)。

学習リソース

オンラインで利用可能な学習リソースが重要です。

ウェブサイト、オンラインコース、書籍、動画など、様々な形式の学習資料があります。

有名なプログラミング学習プラットフォーム(例:Codecademy、Udacity、Coursera)や、公式ドキュメントが参考になります。

デバッグツール

プログラミングにおいてはバグがつきものです。デバッグツールを使って、コードのエラーを見つけて修正するスキルも必要です。

プロジェクト管理ツール

大規模なプロジェクトを扱う場合、タスクの管理やチーム協力が必要になります。

プロジェクト管理ツール(例:Trello、Asana、Jira)の使用が役立ちます。

数学の基礎知識

特にデータサイエンスや機械学習などの分野では、数学の基礎知識が役立ちます。

代数、統計学、微積分などについて基本的な理解があると良いでしょう。

これらの要素を揃えることで、効果的にプログラミングを学ぶことができます。

ただし、プログラミングは実践的なスキルであるため、理論だけでなく実際にコードを書いて問題を解決する経験も大切にしましょう。

まとめ

プログラミングを勉強するためには失敗を恐れずに反復で練習をすることです。また、プログラミングを好きになることがとても大切です。

これからプログラミングスクールで勉強をする方は、勉強をしなきゃと囚われずに楽しみながらプログラミングを学んでください。