フレッツ光とは

フレッツ光とは?! NTT東日本および、NTT西日本が提供する光回線サービスの名称が「フレッツ光」です。よく、光回線全般をフレッツ光を勘違いされる方もいますが、誤解です。

Bフレッツの後継サービスの「フレッツ光ネクスト」。Wi-Fiルーターのレンタル希望の方は、「スマートタイプ」。Wi-Fiルーターのレンタル希望されない方は、「ギガライン」「スピードタイプ」がそれぞれあります。

次世代通信として期待されている「フレッツ光クロス」。最大10Gbpsもの高速通信が可能となっています。auひかりやNURO光に負けじとサービス開始された光回線。

使った分だけお支払いの2段階定額の「フレッツ光ライト」と「フレッツ光ライトプラス」があります。

詳しくはこちらNTTとは

参考にしたサイトNTT東日本「フレッツ光」

参考にしたサイトNTT西日本「フレッツ光」

フレッツ光が提供する光事業者

私は、ドコモ光だからフレッツ光じゃありませんと勘違いされてる方もいると思うので、フレッツ光が提供する光事業者について紹介してみたいと思います。

今現在、フレッツ光は幅広く光事業者活動をされています。と言っても、フレッツ光という光回線を他社事業者へ貸し出す形としてサービス提供する感じです。

参考にしたサイトNTTグループについて

光コラボレーション

光コラボレーションとは、NTT東日本およびNTT西日本がフレッツ光を他社事業者へ貸し出すことで、一つの光サービス事業者を生み出しています。いわばフレッツ光の増殖ですな。

例えば、OCNへフレッツ光を転用すると「OCN光」。So-netへフレッツ光を転用すると「So-net光」となるわけです。転用とは、NTT東日本および、NTT西日本が提供するフレッツ光を他社事業者へ切り替えることを言います。

光コラボレーションには、「OCN」「So-net」「BIGLOBE」「nfity」「DTI」「ぷらら」など大手プロバイダーを初め、「エディオンネット」「たのめーる光」「DMM光」など今までインターネット関連サービスに携わってなかった事業者も参入をしています。

特徴として、プロバイダーは事業者自身が務めるものとなっており、選ぶ事ができません。フレッツ光と事業者プロバイダーが一つになってサービスする形態を指します。

ドコモ光

ドコモ光も光コラボレーション事業者の一つです。ですが、ドコモ光には24社のプロバイダーがあり他社光コラボレーションとは別格となっているところがあります。

ドコモ光を選択するメリットとして、携帯電話とのセット割がお得になるという事です。1携帯につき1100円の割引がされるという事で家族で加入すると大幅割引になります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光も光コラボレーション事業者の一つです。但し、プロバイダーは「Yahoo!BB」となるために他社光コラボレーション事業者とは違いがあります。

ソフトバンク光を選ぶメリットは、ドコモ光と同じく携帯電話とのセット割にあります。こちらも1携帯につき1100円の割引があるので家族で加入するとお得になります。

フレッツ光の申し込み方法と手順

あなたの今現在のネット環境によって申し込み方法は変化します。例えば、まだネット環境のない真っ新な一戸建ての家なのか。それとも引っ越してきたばかりのマンションなのか。

既にネット環境は整っていて、フレッツ光の中で他社のプロバイダーへ乗り換えたいのかなどなどです。