知りたい!「レセプト博士」
お問合せ 「レセプト博士」に関するお問合せを受け付けています。

レセプト博士ってなぁに?

医療機関様の強力な助っ人です。

「レセプト博士」は、これまで1件1件目視点検していたレセプト院内審査業務を自動で行うことにより、レセプト点検作業の効率化および請求内容の精度向上を実現するものです。

なぜこのようなチェックの自動化が実現したのか?
「レセプト博士」では、医療機関様で作成する標準化された電子レセプトを入力データとし、チェックを行っているからです。
つまり医事会計システム側でレセプト電算処理システムの対応がなされていれば、全ての医療機関様で使用が可能だということです。
※医事会計システムのメーカは問いません。

レセプト博士導入前

院内審査用に仮レセプトを全件出力し、医事課による目視によるチェックが必要です。
目視点検には稼動がかかるうえ、見落としや点検者のスキルにより点検レベルにバラつきがあるため返戻・査定が発生します。

紙レセプトの提出 診療報酬請求業務が手作業

レセプト博士導入後

確認の必要なレセプトだけを仮出力するため目視チェックにかかる稼動および紙代のコスト削減を実現します。
算定系チェック、疾患系チェックにより点検者のスキルに左右されない正確なレセプトを作成するので返戻・査定が減少します。

レセプト電算処理システム レセプト院内審査業務の効率化と精度向上

レセプト電算処理システムを導入している医療機関様や、これからレセプト電算処理システムの導入を検討している医療機関様には強力な助っ人となることでしょう。

レセプト博士についてのお問合せ